Skip to content

結婚に対する気持ち

恋愛関係を継続していく上で
女性に言ってはならない言葉があります。
それは結婚をする気がないという宣言をすることなんです。
これを言われるということは、
「いつかは別れるつもりです」と恋愛相手に宣言しているようなものです。
たとえ結婚の意思というものが今はなくても、
これを自分から明言することは避けましょう。
これをいうことで、
恋愛相手は相当のショックを受けることになりますよ。
なぜ恋愛関係を結ぼうとアプローチをかけてきたのか?
好きだと何故いうのか?
愛しているという言葉そのものが信用できなくなってしまうことになるのですよ。
こんな感情を持っている人間が、
恋愛関係を継続していくことは難しいと言えるでしょうね。
今すぐには考えられないな。
結婚をして家庭を築くには、
まだまだ経済力が足りない。
などなどこういった理由をつけることが寛容です。
決してまだ遊びたいからとか、
自由がなくなってしまうなんていうような「気持ち」での理由で結婚を否定してはなりません。
また自分から宣言するのではなく、
恋愛相手に将来を疑問視された時に答えるようにしましょう。
結婚というものは女性にとっては、
ナーバスな問題です。
こういう問題は簡単には考えずに、
デリケートな問題だと捉えるようにしましょうね。

結婚に抵抗を持たれる職業

結婚をするならば
なるべく避けたいと思われる女性の職業というものがあります。
これを知ったからといって、
転職をすることを考えるのはオススメしませんが、
ちょっと頭の隅においておくだけでも恋愛の展開が変わってきます。
まずは看護師。
看護師が昼夜問わずに、
過酷な労働条件で働いているということは、
男性も周知の事実です。
日勤であれば8:30〜16:30くらいと、
一般的な会社員の男性とも合うものですが、
これが準夜勤や夜勤である場合には、
まったく生活が合わないという状態になってしまいます。
また夜勤明けでのデートなどでは、
自分自身が参ってしまうでしょうから、
圧倒的に顔を合わせる時間がないということが想像できますよね。
だから結婚をするには、
看護師は大変そうというイメージが湧くようなんです。
その一方で、
看護師不足が蔓延していて、
食いっぱくれがなく、
給与も比較的よいことから、
一部ではパートナーとしての需要が高いということもあるのです。
またイメージ的に優しそうとか、
尽くしてくれそうというイメージを沸かせることから、
人気があるのも事実なんですよね。
白衣姿にスケベ心が刺激される男性も多いようですから、
生活リズムの問題さえクリアすれば、
とても需要の高い職業にもなり得ると言えるのです。

Copyright (c) 2014 独身から脱出するための婚活講座 All Rights Reserved.